婚約指輪と結婚指輪の違いと、結婚指輪の選び方

結婚をする時には婚約指輪と結婚指輪が使われる

お互い好きになって結婚をする時には、結婚指輪と婚約指輪の二つが使用されます。まず、その二つの違いについてですが、婚約指輪はプロポーズをするときに相手に渡し、結婚指輪は結婚をしてからお互いに薬指にはめる指輪と考えると分かりやすいです。また、結婚指輪はプロポーズの時に使われるという事情もあって、結婚指輪と比べて華やかなものゴージャスな装飾がされているものが使われるのに対して、結婚指輪は日常的に指にはめるもののため、シンプルな指輪が人気となってきます。

結婚指輪の相場価格について

結婚指輪の相場についてですが、平均十万円前後が相場と言われています。夫婦で指にはめるものですので合計2つ必要となり、トータル約20万円前後お金がかかってきます。婚約指輪とは別に、それだけのお金が必要になるので、結婚をされる方は金銭的な準備も必要ですよね。ちなみに、既成品やレディーメイド品だとしても、結婚指輪に相応しいように刻印や調整などを依頼をすると数週間かかるので、早めの結婚指輪探しは重要です。

結婚指輪を選ぶときのポイントや注意点について

選び方については、結婚指輪のデザイン・表面の仕上げ方・素材などがキーポイントになってきます。デザインについては夫婦お互いにはめることも想定して選ぶことが大切です。男性が余りにも可愛らしすぎる指輪をはめるのは難があることもあります。特に素材は重要で、長い期間使用するものですので、傷などがつきにくく長持ちするもの、いつまでも美しさを保っていられる素材等を選ぶと良いですね。最近は金ではなくプラチナなどが人気となっていますよ。

結婚指輪を購入する際には、婚約指輪を合わせて買うと通常の割り引き以上にしてくれるのでお得に買えます。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.